1. home
  2. 気づく セルフチェック・検査
気づく

セルフチェック・検査

自己検診とマンモグラフィによる乳がん検診で早期発見に努めましょう

月に1回の自己診断を続けることで、ふだんとは違う乳房の変化に気づくことができます。

また、がんを早い時期に発見するためには、毎月の自己検診に加えて、「マンモグラフィ」などの画像検査を取り入れた乳がん検診を定期的に受けることが大切です。

従来まで、日本の乳がん検診では、医師による視触診が中心でした。しかし、2004年に厚生労働省から、「マンモグラフィを原則とした乳がん検診」を推進するように提言が出されました。これを受けて、自治体の乳がん検診でも、マンモグラフィを導入した乳がん検診が普及しつつあります。40歳以降の方は、定期的にマンモグラフィを用いた乳がん検診で、より早期での発見が可能になってきています。

「乳がんの状況を知りたい」

乳がんの現状や発生のしくみ、早期治療の重要性を正しく理解しましょう。

「自分で検診したい」

自分でチェックできる検診方法をご説明いたします。

「病院で検査を受けたい」

乳がんの検査とはどのようなものがあるのか、またどのような流れで診断が行われるのか、ご紹介します。

こちらから乳がん検査を受けることができる施設をご紹介いたします。