1. Home
  2. 検査と診断
  3. 治療法を決めるときに

治療法を決めるときに

乳がんの治療法を話し合うときに、特に頭に入れておいて頂きたいのは、次の3つです。

(1)しこりの大きさと乳房内での拡がり具合
(2)リンパ節への転移状況
(3)身体の他の臓器への転移の有無

触診、マンモグラフィや超音波検査、あるいはMRIやCT、骨シンチ、PETなどの画像診断で、この3つが判定されます。これらの所見や合併症の有無をもとに治療方針を検討することになります。

乳がんの進行度は大きく5つに分けられます

また、(1)~(3)を組み合わせて乳がんの進行度(臨床病期)が決められます。乳がんの進行度は下の表のように大きく病期0~4の5段階に分類され、病期の数値が増えるにしたがい予後が悪くなります。

早期乳がんは、極めて予後が良好です

しこりの大きさが2cm以下で、リンパ節や全身への転移がないものは早期乳がんと呼ばれ、極めて予後が良好です。中でも、病期0に分類される非浸潤がん(乳管内がん)、パジェット病はごく初期のもので、予後が最も良好です。

乳がんの進行度(臨床病期分類)

病期0
(ステージ 0)
非浸潤がん:乳がんが発生した乳腺の中にとどまっているもの(パジェット病を含む)
病期1
(ステージ I)
しこり2cm以下 リンパ節に転移なし
病期2
(ステージ II)
A しこり2cm以下 腋窩リンパ節に転移あり
しこり2.1~5cm リンパ節に転移なし
B しこり2.1~5cm 腋窩リンパ節に転移あり
しこり5.1cm以上 リンパ節に転移なし
病期3
(ステージ III)
A しこり5.1cm以上 腋窩リンパ節に転移あり
しこりの大きさ
問わず
腋窩リンパ節転移が強い、または腋窩リンパ節転移を認めず、胸骨傍リンパ節に転移あり
B 皮膚や胸壁に浸潤のあるもの
C 鎖骨下リンパ節や鎖骨上リンパ節に転移が拡がっているもの
病期4
(ステージ IV)
乳房から離れたところに転移しているもの

乳癌取扱い規約 2008年【第16版】をもとに作表

腋窩(えきか)リンパ節:わきの下のリンパ節

【メモ】
臨床病期分類のことをTNM分類ともいいます。“T”はしこり【腫瘤しゅりゅう;Tumor】、“N”はリンパ節(Node)、“M”は転移(Metastasis)の頭文字をとったものです。“T”は0~ 4の5段階、“N”は0~ 3の4段階に分けられ、数値が増えるほど進行していることを意味しています。“M”はM0(遠隔転移なし)とM1(遠隔転移あり)に分けられます。

監修:順天堂医院 乳腺センター 霞 富士雄