1. Home
  2. 検査と診断

検診と診断

早期発見のため、定期的にマンモグラフィによる乳がん検診を受けましょう

がんを早い時期に発見するためには、毎月の自己検診に加えて、「マンモグラフィ」などの画像検査を取り入れた乳がん検診を定期的に受けることが大切です。

40歳以上の方は定期的にマンモグラフィを取り入れた乳がん検診を受けましょう!

早期乳がんの発見に威力を発揮する「マンモグラフィ」

マンモグラフィとは、乳房専用のX線撮影のことをいいます。マンモグラフィは、触診では診断できない小さなしこりや、しこりになる前の石灰化した微細な乳がんの発見に威力を発揮する検査法で、乳がんの早期発見に欠かすことのできないものです。

ただし、マンモグラフィは、乳腺が密な若い人の場合はX線写真がかすんでしまい、しこりを見つけることが難しいことがあります。また、X線撮影のため、妊娠している人には適しません。

若い人の判断に役立つ「超音波検査」

超音波検査(エコー検査)は、乳房に超音波をあて、組織からの反射をとらえて画像にし、わずかな濃度の違いで病巣を診断するものです。

マンモグラフィに比べて小さいしこりや石灰化の診断が困難ですが、しこりの内部構造の鑑別がしやすく、乳腺の密な若い人の診断にも使うことができます。

乳がん検診とマンモグラフィ

乳がん検診とマンモグラフィイメージ
乳がん検診とマンモグラフィイメージ

従来まで、日本の乳がん検診では、医師による視触診が中心でした。しかし、2004年に厚生労働省から、「マンモグラフィを原則とした乳がん検診」を推進するように提言が出されました。これを受けて、自治体の乳がん検診でも、マンモグラフィを導入した乳がん検診が普及しつつあります。

40歳以降の方は、定期的にマンモグラフィを用いた乳がん検診で、より早期での発見が可能になってきています。

自己検診とマンモグラフィによる乳がん検診で早期発見に努めましょう!

監修:順天堂医院 乳腺センター 霞 富士雄