乳がんの情報サイト「乳がん.jp」
  1. 乳がん.jp
  2. 乳がんと診断されたかた
  3. ホルモン受容体陽性乳がん
  4. 手術の後に
  5. 暮らしのヒント~日常生活に戻った後に~
  6. エクササイズ① 気功

フリースタイルなフィジカルレッスン
気功
ゆっくりとした動きで、心と体を整えリフレッシュする。

フリースタイルなフィジカルレッスン 気功 ゆっくりとした動きで、心と体を整えリフレッシュする。 | エクササイズ① 気功 | ホルモン受容体陽性乳がん | 乳がん.jp

気功教室の一場面。足のマッサージから始まり、日常生活の延長でできる優しい動きを時間をかけて行います。

今回ご紹介する運動は「気功」。
起源は太古の時代とも言われ、中国を中心に今なお多くの人に親しまれている健康法です。
激しい動きがないので、誰でも無理なく行うことができるのが魅力です。

呼吸、動作、意識を一体にして“気”の流れを良くする

気功には治療や武術で行われる外気功と、体の中を調える内気功があります。今回ご紹介するのは内気功。ゆっくりとした動きや呼吸で、体内の“気(エネルギー)”の流れを整えます。体に負担の少ない運動ですが、続けていくことで日常生活に必要な基礎体力をつけることもできます。

キーワードは「流れ」と「バランス」。例えば体をゆする運動は血行を良くするため、全身を使って呼吸をするのは呼吸の流れを良くするために行います。加えて、体全体のバランスを意識することも大切です。

思考のリズムをゆるやかにしてくれるというのも気功ならではの要素。私たちは日常、いろいろと考えることが多く、思考も速くなりがち。ゆったりとした動作や呼吸が、心を落ち着かせ、悩みなども冷静に考えることが出来るようになります。

毎日10分でも継続することが大切

気功は、「功法」というたくさんの要素(動き)を組み合わせた体操のようなもの。実際にどのような動きをするのか、気功教室の講師を務める石原恒治さんに教えていただきました。

ポイントは「伸ばす」、「ゆする」、「回す」という3つの基本動作。膝を少しゆるめて頭のてっぺんを上から吊るされているイメージで立ち、体を動かしていきます。「実際よりも体が伸びているといったイメージを持ってください。その意識が向く部位に気は流れていきます。10分で構いませんので、毎日続けていけば、体の可動性も高まり、血行も良くなるでしょう」。

「伸ばす」動きだけでも、上に体を伸ばす動き、横に体を傾ける動き、前屈して後ろに反る動き、ウエストをねじる動きの4つの運動を行うことで全身をくまなく伸ばすことができます。基礎をしっかりとおさえれば、家の中で気軽に続けられるのも気功の魅力。最初はぎこちない動きになりがちですが、回を重ねるごとに自然な動作が身に付くでしょう。毎日10分、心と体にゆとりを与えてみませんか?

気功の基本 「伸ばす」「ゆする」「回す」

気功の基本 「伸ばす」「ゆする」「回す」 | エクササイズ① 気功 | ホルモン受容体陽性乳がん | 乳がん.jp 気功の基本 「伸ばす」「ゆする」「回す」 | エクササイズ① 気功 | ホルモン受容体陽性乳がん | 乳がん.jp

気功には基本の動きを応用した、様々な動作があります。こちらは5つの動物の動きを模した「五离戯(ごきんぎ)」の一つで「虎」のポーズ。虎が獲物を取り押さえる時の動きで、肝臓に効果があると言われています。

気功の基本 「伸ばす」「ゆする」「回す」 | エクササイズ① 気功 | ホルモン受容体陽性乳がん | 乳がん.jp

じん臓に効くとされている「鹿」のポーズ。人差し指と小指を立てて角の形を作り、角を動かしながら全身も動かします。

こちらは5つの動物の動きを模した「五离戯(ごきんぎ)」の一つで「虎」のポーズ。 | エクササイズ① 気功 | ホルモン受容体陽性乳がん | 乳がん.jp

片足で立つ動作が多いので、バランス感覚が養われる「鳥」のポーズ。手でくちばしの形を作り、羽ばたいたり、羽休みをしたりという動きをします。

じん臓に効くとされている「鹿」のポーズ。人差し指と小指を立てて角の形を作り、角を動かしながら全身も動かします。 | エクササイズ① 気功 | ホルモン受容体陽性乳がん | 乳がん.jp

石原恒治さん

ナビゲーター
カルチャースペース 元氣!気功教室
講師

石原恒治さん | エクササイズ① 気功 | ホルモン受容体陽性乳がん | 乳がん.jp

30歳で気功を始め、約20年間、国内外の多くに師に学ぶ。気功を中心に太極拳や心理療法等さまざまな身体技法を実践し、「体を楽に整え、心を豊かにすること」を追求。不動産業を経営する傍ら、週に3回気功教室の講師を務めている。

(上記内容は、取材時の情報です。)