1. Home
  2. 乳がんの手術と術後の治療
  3. 手術後の定期検診

手術後の定期検診

術後10年は安全確認の期間。医師の指示どおり、外来での定期検診を受けてください

図:定期検診チェック項目 図:定期検診チェック項目

手術が終わり退院をしたら、からだの状態を定期的に点検する必要があります。手術後の安全確認、そして、もしもの時のために、外来での定期検診を行います。通常、術後5年間が目安となりますが、乳がんの場合は、ゆっくり増殖する性質をもっているため、術後5年以上経ってから再発する場合が10%ほどありますので、術後10年間は安全確認の期間と考えてください。

術後5年までは、ほぼ3~6ヵ月ごと、術後5年以降は6ヵ月~1年ごとを目安に視・触診や血液検査、腫瘍マーカー、X線検査、必要に応じて各種画像検査等を行います。10年経過した後は、ほぼ完治したと考え、一般検査を中止して、対側乳房のチェックを1年に1回行うようにします。

万が一、再発した場合でも、乳がんには再発に応じていろいろな治療法があり、早期に発見して適切な治療を行えば、十分治療効果をあげることができます。

手術後の自己検診

手術したところや温存した乳房に異常がないかは、ご自分でもチェックできます

乳房の手術部位や温存した乳房に異常がないかどうかは、ご自分でもチェックできます。一側の乳がんに罹った人は、手術していない側の乳房(対側乳房)にも乳がんができやすいので、毎月1回、日を決めて、ご自分で点検するようにしてください。少しでも気になるところがあったら、主治医にご相談ください。

自己検診のチェック項目

図:定期検診チェック項目

手術側の点検

へこみ、ひきつれ、膨らみなどの皮膚の変化、しこり(硬結)、発赤の有無(乳房を温存した場合は残った乳房の中のしこり、乳頭からの異常分泌の有無もチェック)

手術していない側の乳房(対側乳房たいそくにゅうぼう

皮膚の変化の有無、乳房の中のしこり、乳頭からの異常分泌、ただれ(パジェット病) など

監修:順天堂医院 乳腺センター 霞 富士雄