1. Home
  2. 乳がんの手術と術後の治療
  3. 乳房温存手術

乳房温存手術

乳房を全摘出することなく、乳頭、乳輪を残した上で、がんを周囲の正常乳腺を含めて部分的に切除し、乳房の変形が軽度になるように形を整える手術です。現在、わが国では乳がん手術を受ける患者さんのうち3人に2人が乳房温存手術を受けています。

乳房扇状部分切除術

温存術の中で最も切除する範囲が広い手術です

乳がんは乳頭方向に乳管内をはって進展することが多いため、図Bのように、しこりとその周囲の正常乳腺組織を乳頭を中心にして扇型に切除し、センチネルリンパ節生検、あるいは必要に応じて腋窩リンパ節郭清を行う方法です。原則として術後は放射線照射を加えます。

長所

乳房温存手術の中で切除する範囲が広いので、しこりが大きい場合でも取り残す可能性が少なくなります。切除範囲が乳房、わきの下とも乳房切除より小さくなるため、肩の運動障害が軽度ですみ、術後のリハビリテーションにより早く回復します。センチネルリンパ節生検を行って腋窩リンパ節郭清が省略できれば、回復は一段と早くなります。

短所

乳房が小さい場合には、残った乳房に変形を生じるため、乳房の形を整えるための工夫が必要となります。腋窩リンパ節を郭清した場合には、乳房切除術よりは軽度ですが、腕のむくみを生じることがあります。
また、術後の検査によって残った乳房にがん細胞が多く取り残された可能性がある場合は、再切除あるいは乳房切除が必要となることもあります。

乳房扇状部分切除術

図:乳房扇状部分切除術 図:乳房扇状部分切除術

●SNB:センチネルリンパ節生検→参照

乳房円状部分切除術

しこりとその周辺を部分的に切除する手術です

しこりとその周りの正常乳腺を、図Cのように1~2cmの安全域を含め、がんの拡がりに応じて部分的に切除し、センチネルリンパ節生検、あるいは必要に応じ腋窩リンパ節郭清を行う方法です。安全を期して、原則として放射線照射が併用されます。

長所

切除する範囲が比較的小さいので、乳房が小さい人でも残った乳房の変形が少なくてすみます。腕や肩の運動障害が軽度で、術後のリハビリテーションにより早く回復します。

短所

しこりの大きさに比べて乳房が小さい場合には、残った乳房が変形することがあります。切除する範囲が小さいので、がんを残さないようにするためには、術前の画像診断をしっかり行い、場合によっては少し大きめ目に切除する必要があります。手術中に病理医による乳腺切離線での迅速診断が必要です。腋窩リンパ節を郭清した場合には、腕のむくみを生じることがあります。

乳房円状部分切除術

図:乳房円状部分切除術 図:乳房円状部分切除術

●SNB:センチネルリンパ節生検→参照

腫瘤摘出術

しこりだけを取る手術です

この手術法は、正常の乳腺をほとんど切除しないで、しこりのみを取り除き、必要に応じてセンチネルリンパ節生検、あるいは腋窩リンパ節郭清を行う方法です。通常は、ごく小さなしこりを取り除くときに行います。がんの場合はがんを取り残す可能性が大きいので、なるべく行わないようにしますが、がんの人に行った場合には、通常の放射線照射に追加照射(ブースト)が加えられます。

長所

乳房が小さい場合でも、変形する可能性が少なくなります。

短所

切除する範囲が非常に小さいので、がん細胞を取り残すことを覚悟しなければなりません。腋窩リンパ節を郭清した場合には、腕のむくみを生じることがあります。

腫瘤摘出術

図:乳房円状部分切除術 図:乳房円状部分切除術

●SNB:センチネルリンパ節生検→参照

※乳房温存手術のQ&A

監修:順天堂医院 乳腺センター 霞 富士雄