1. Home
  2. 用語解説
  3. 乳がんと間違いやすい主な病気

乳がんと間違いやすい主な病気

乳腺症にゅうせんしょう

乳腺の病気の中で最も多い良性の病気です。多くは両側の乳腺に凹凸のある境界不鮮明なしこりをつくり乳がんと区別しにくいものもありますが、痛みを伴うことが多く、生理の前にしこりが張ったり、痛みが強くなるのが特徴です。40歳代に好発します。普通、治療の必要はありませんが、もし、しこりの程度が強くがんとの鑑別が難しければ、積極的に太針組織診を行います。

嚢胞のうほう

乳腺症の一つのタイプで、乳管の中に水がたまって袋のような状態になります。超音波検査で適格に診断でき、注射器でしこりの中の水を吸い出すとしこりは消失しますが、違う場所にまた嚢胞が出現することがよくあります。閉経し、60歳くらいになるとほとんどみられなくなります。

乳腺炎にゅうせんえん

通常、授乳中の人に起こります。主に乳汁がたまって、乳頭から細菌が侵入して起こります。乳房が赤く腫れ、熱がでます。中年女性でもこれに似たものがまれにあり、症状が軽度で、慢性に経過しているものは、乳がんの中でも特に性格が悪い炎症性乳がんと区別しにくいことがあります。

線維腺腫せんいせんしゅ

15~30歳位の若い人に多い乳腺の良性の腫瘍です。硬くて丸い、くるくるよく動くビー玉のようなしこりであることが特徴です。通常、しこりは小さく、2cm以上になることは少なく治療の必要はありません。しかし、まれにしこりが急に大きくなることがあり、この場合は摘出手術が必要となります。

葉状腫瘍ようじょうしゅよう

線維腺腫と良く似ていますが、しこりが急速に大きくなるのが特徴です。基本的には良性ですが、悪性のものがあり、手術により正常乳腺を含めて切除する必要があります。悪性のものの中には、肺をはじめ全身へ血行性転移をするがんより恐ろしいものもあります(悪性葉状腫瘍)。

監修:順天堂医院 乳腺センター 霞 富士雄