1. Home
  2. 乳がんの治療法 インフォームド・コンセント

乳がんの治療法 インフォームド・コンセント

大切なことは、
医療者と患者さんが理解・納得し合って治療を進めることです。

皆さんは“インフォームド・コンセント”という言葉をご存知でしょうか。 日本語では、「説明と同意」あるいは「説明・納得・同意」などと訳されていますが、医療者が一方的に治療法を決めるのではなく、医療者と患者さん、ご家族が共に病気について理解・納得し合い、一人一人の患者さんにとって最善の治療を行うことを意味しています。

昔は、がんの治療法が少なく、治療効果にも限界があったことから、なるべくがんという病名を伝えないようにしたり、病名を告げぬまま、医療者が一方的に治療法を決めてしまうことが少なくありませんでした。しかし、現在は、がんの治療法が進歩して多くの患者さんががんを克服して社会生活に戻ることができるようになりました。また、治療の選択肢も広がり、患者さん自身に病気と治療法について十分理解して頂き、患者さんの意志を尊重した最善の治療を行うことが何よりも大切になります。

乳がんの治療では、女性にとってかけがえのない乳房を取り除く乳房切除術(全摘術)が適しているのか、乳房を残す乳房温存手術でも大丈夫なのか、重要な決断を迫られることも少なくありません。あなたの病気を治す手術や治療にはどのような方法があるのか、その方法の良い点と悪い点は何なのか、適切な治療を受けなかった場合にどうなるのか、お互いによく話し合いながら、最善の治療法を決めなければなりません。

患者さんの中には、がんということを告げて欲しくないと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、私たちがあえてがんということを告げるのは、それが最善の治療の根底であり、乳がんは治る見込みの高い病気で共に闘って行ける有効な治療手段が幾つもあるからです。
これから乳がんを克服するためには、多くのハードルを超えなければなりません。たとえ手術でほぼ完全にがんを取り切れたと判断された場合でも、完全に克服できたと確認されるまで、幾つかの治療を加えなければならないことがあります。定期的な検査も必要です。

初めてのことで分からないこと、不安なことがたくさんあると思います。これからの長い道のりを共に歩むために、あなたが今お感じになっている不安感や疑問点、生活のこと、どんな些細なことでも遠慮なく、医療者にご相談ください。また、病気を克服するために、ご家族や友人とよく相談し、あなたの病気や気持ちを理解してもらうことがとても大切です。

監修:順天堂医院 乳腺センター 霞 富士雄