乳がんの情報サイト「乳がん.jp」
  1. 乳がん.jp
  2. 乳がんについて知りたいかた
  3. 乳がんの基礎知識
  4. 乳房のしくみとがんの発生

乳がんは、その性質により、「ホルモン受容体陽性乳がん」、「HER2(ハーツー)陽性乳がん」、「トリプルネガティブ乳がん」、「遺伝性乳がん」の4つの代表的なタイプに分類されます。

病理検査でわかる乳がんのタイプ

主にがん細胞の内部に発現する「ホルモン受容体」の有無と、がん細胞の表面に発現する「HER2 タンパク」過剰発現の有無により、次のタイプに分類されます。

これらの乳がんのタイプは、病理検査の結果で判明し、タイプにより治療方針が異なります。

各乳がんのタイプに関する詳細は、下記のページをご覧ください。

遺伝学的検査でわかる遺伝性乳がん

乳がんの 7~10%は遺伝性乳がんであるといわれています。遺伝性乳がんのうち、58%を占めているのが、BRCA(ビーアールシーエー)遺伝子に変異がみられる「遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)」と呼ばれる乳がんです。
HBOC かどうかは、BRCA遺伝学的検査を実施することで判明しますが、乳がんと診断されていないかたのBRCA遺伝学的検査は、自費診療(保険適用外)となっています。乳がんと診断されたかたの場合は、下記の項目が1つでもあてはまり、一定の条件を満たしていれば、特定の医療機関においてBRCA遺伝学的検査を保険診療で受けることができます。

※Kauff ND. Management of BRCA-Negative Hereditary Breast Cancer Families. Hereditary Breast Cancer. Isaacs C. CRC Press, New York, 2007; 311-318.
‡Tung N, et al. J Clin Oncol. 2016; 34(13): 1460-1468.
チェックリスト | 乳がんと遺伝の関係 | 遺伝性乳がん | 乳がん.jp *父母、兄弟姉妹、異母・異父の兄弟姉妹、子ども、おい・めい、父方あるいは母方のおじ・おば・祖父・祖母、大おじ・大おば、いとこ、孫などが含まれます
†遺伝子の変異
一般社団法人 日本乳癌学会 将来検討委員会,HBOC 診療ワーキンググループ 規約委員会.「遺伝性乳がん卵巣がん症候群の保険診療に関する手引き」.04.01より作成(6月時点の情報)

遺伝性乳がんに関する詳細は、遺伝性乳がんのページをご覧ください。