近年、乳がんにおいても、発症の原因となる遺伝子がいくつか発見され、診断や治療法の決定に遺伝子検査が利用されるようになってきました。
乳がんと診断された場合、「自分は遺伝性乳がんか?」、「検査を受けるべきかどうか?」、「家族への影響は?」、「検査や治療について誰に相談したら良いのか?」といった、さまざまな不安や疑問が頭をよぎると思います。
今回、これらを少しでも解消できるよう遺伝性乳がんのQ&Aをご用意いたしました。

監修:札幌医科大学医学部 遺伝医学 教授 櫻井晃洋 先生
キャンサー・ソリューションズ株式会社 代表取締役社長 桜井 なおみ 氏