乳がんの情報サイト「乳がん.jp」
  1. 乳がん.jp
  2. よくある質問
  3. 手術の結果
  4. 検査結果でHER2という項目がありました。これは乳がんの何を調べているのですか?

乳がん患者さんのなかには、がん細胞の表面にHER2というタンパクが通常より多く発現し、さらにはHER2タンパクを発現させる遺伝子(HER2遺伝子)が増加しているタイプの患者さんがいます。これらの患者さんでは、このHER2をターゲットとした治療薬(抗HER2薬)が有効であることが示されているため、乳がんの診断時にはHER2が増えているかどうかを確認するHER2検査が行われます。
HER2タンパクの発現状況はIHC法という病理検査で確認します。結果は、スコア0(陰性)からスコア3+(陽性)の4段階で示されます。IHC法でスコア2+(疑陽性)であった場合は、FISH法という別の方法で再度検査を行います。FISH法は、HER2遺伝子がどの程度増えているかを確認するもので、多く増えている場合に陽性と判定します。
IHC法でスコア3+(陽性)、もしくはFISH法で陽性と判定された場合に「HER2陽性」タイプの乳がんと診断され、抗HER2薬による治療の対象となります。

監修:広島市立広島市民病院 乳腺外科 大谷彰一郎先生