乳がんの情報サイト「乳がん.jp」
  1. 乳がん.jp
  2. 乳がんについて知りたいかた
  3. 乳がんかもしれないと不安なかた
  4. 乳がんと診断されたら

乳がんは、さまざまな性質(タイプ)が存在し、診断時の病理検査で「ホルモン受容体陽性乳がん」、「HER2(ハーツー)陽性乳がん」、「トリプルネガティブ乳がん」に分類されます。また、上記のタイプに加えて、「遺伝性乳がん」の可能性もあります。乳がんと診断され、下記の項目が1つでもあてはまる場合は、一定の条件を満たしていれば、特定の医療機関においてご自身が遺伝性乳がんかどうかを調べることができます。
チェックリストのイメージ
*父母、兄弟姉妹、異母・異父の兄弟姉妹、子ども、おい・めい、父方あるいは母方のおじ・おば・祖父・祖母、大おじ・大おば、いとこ、孫などが含まれます
†遺伝子の変異
一般社団法人 日本乳癌学会 将来検討委員会,HBOC 診療ワーキンググループ 規約委員会.「遺伝性乳がん卵巣がん症候群の保険診療に関する手引き」2020.04.01より作成(2021年6月時点の情報)

(「乳がんの代表的な4つのタイプ」を参照)
 
それぞれの性質(タイプ)で治療方針が異なりますので、各タイプの特徴や治療については、下記のページをご覧ください。

ホルモン受容体陽性乳がん
HER2 陽性乳がん
トリプルネガティブ乳がん
遺伝性乳がん

総監修:
大阪大学医学部附属病院 乳腺・内分泌外科 診療科長
島津研三