乳がんの情報サイト「乳がん.jp」
  1. 乳がん.jp
  2. 乳がんと診断されたかた
  3. HER2陽性乳がん
  4. 手術の前に
  5. 手術前の薬物療法について

手術の前に薬物療法を行うことにより、多くの乳がんが小さくなることがわかっています。がんのサイズが大きいと乳房温存手術が行えませんが、手術前の薬物療法によりがんが小さくなれば、乳房温存手術が可能となる場合があります。
HER2陽性乳がんの術前薬物療法では、基本的に抗 HER2 薬と抗がん剤を組み合わせて使用します。この治療により、がん細胞が病理学的に完全に消失する状態(pCR:ピーシーアール)を得る確率が上昇することが示されており、pCRを得られた場合は、良好な予後が期待できるとされています。
なお、術前薬物療法で pCRを得られなかった場合には、術後の薬物療法で治療薬を変更することで、予後が改善する可能性が示されています。