乳がんの情報サイト「乳がん.jp」
  1. 乳がん.jp
  2. 乳がんと診断されたかた
  3. 乳がんのタイプを知らない
  4. 乳房のしくみとがんの発生

ひとくちに乳がんといっても、乳がんには、おとなしい性格のものもあれば、活動的なものもあり、それぞれ性質(タイプ)が異なります。近年では、各乳がんのタイプにあわせた治療法や治療薬の開発が進んでおり、それぞれの乳がんの状態や特徴、患者さんの希望などにあわせて、個別的な治療が選択できるようになりました。

乳がん診断時には判明しているあなたの乳がんのタイプ

乳がんは、がん細胞の表面に発現する「ホルモン受容体」の有無と、「HER2タンパク」過剰発現の有無により、次の3つのタイプに分類されます。

これらは、乳がん診断時の病理検査の結果から既に判明している内容です。乳がんのタイプにより治療方針が異なりますので、これから行われる治療の内容を理解するためにも、あなたがどのタイプの乳がんなのかを知ることはとても大切です。ご自分の乳がんのタイプをまだ知らないかたは、一度医師に聞いてみてはいかがでしょうか。

各乳がんのタイプに関する詳細は、下記のページをご覧ください。

病理検査でわかる乳がんの3つのタイプに関するよくある質問

がんの特徴

手術の結果