乳がんの情報サイト「乳がん.jp」
  1. 乳がん.jp
  2. 乳がんと診断されたかた
  3. トリプルネガティブ乳がん
  4. 手術後の治療と生活
  5. 定期検診について

手術後は、経過観察のため、通院にて定期検診が行われます。乳がんは他のがんに比べて進行が遅く、術後5年、10年たってから再発する場合もあるため、定期検診は長期間継続します。
継続した治療を行わない場合でも3ヵ月〜1年ごとに通院し、問診や視・触診のほか、必要に応じて血液検査や各種画像検査などを受けます。マンモグラフィによる検査は、通常、年1回行われます。
また、月に一度はご自分の乳房に触れて、しこりや分泌物がないかなどのチェックを行いましょう(下記「手術後の自己検診」を参照)。ご自分の乳房の状態を日ごろから意識することはとても大切なことです。乳房の変化に気づいたら、すぐに医師に伝えましょう。

手術後の自己検診

●手術した側の乳房:

へこみ、ひきつれ、腫れなどの皮膚の異常、しこりがあるかどうかをチェックし、乳頭を温存した場合は乳頭から血液の混じった分泌物が出ないかどうかも確認します。

●手術をしていない側の乳房:

乳房の形や大きさ、皮膚のへこみやひきつれがないか、しこりがないか、乳頭の形やただれがないかを調べ、乳頭から血液の混じった分泌物が出ないかどうかを確認します。