乳がんの情報サイト「乳がん.jp」
  1. 乳がん.jp
  2. 乳がんと診断されたかた
  3. トリプルネガティブ乳がん
  4. 手術の前に
  5. 遺伝性乳がんについて

乳がんの約7~10%は遺伝性乳がんであるといわれています。
遺伝性乳がんのうち、最も多くの割合を占めているのが「遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)」と呼ばれる乳がんです。HBOC の場合は、患者さんが乳房温存手術を強く希望する場合以外は、乳房全切除術を行うことが勧められています。
したがって、手術の前の時点で遺伝子検査(BRCA〔ビーアールシーエー〕遺伝学的検査)をまだ実施されていないかたや、遺伝性乳がんが気になるかたは、医師と相談の上、遺伝子検査(BRCA遺伝学的検査)の実施を検討してみてはいかがでしょうか。
より、下記の条件のうち1つでも該当する乳がん患者さんの場合は、遺伝子検査(BRCA遺伝学的検査)を保険診療で受けられるようになりました。

  1. 45歳以下で乳がんと診断されたかた
  2. 複数回乳がんと診断されたかた(同じ側の乳房、または両側の乳房が含まれます)
  3. 60歳以下でトリプルネガティブ乳がんと診断されたかた
  4. 卵巣がん、卵管がんや腹膜がんと診断されたかた
  5. 血縁関係にあるかたに乳がんや卵巣がんの家族歴を持つかた
  6. 血縁関係にあるかたBRCA1またはBRCA2遺伝子に変異があると知らされているかた
  7. 本人や血縁関係にあるかたが男性乳がんと診断されたかた

姉妹や兄弟、子供、両親、祖父母とその姉妹と兄弟、従姉妹、従兄弟まで含まれます

一般社団法人日本乳癌学会, 一般社団法人日本人類遺伝学会. 遺伝性乳がん卵巣がん症候群の保険診療収載に伴う遺伝カウンセリング・BRCA遺伝学的検査とリスク低減乳房切除術・乳房再建術、リスク低減卵管卵巣摘出術について.より引用

遺伝性乳がんに関する詳細は、遺伝性乳がんのページをご覧ください。

遺伝性乳がんについて

遺伝性乳がんについて