乳がんの情報サイト「乳がん.jp」
  1. 乳がん.jp
  2. 乳がんについて知りたいかた
  3. 乳がんかもしれないと不安なかたへ
  4. ご家族で乳がんになったかたがいる
  5. 遺伝性乳がんの可能性

乳がんと診断されていないかたの場合でも、個人の希望により、遺伝学的検査をうけることができます。ただし、既に乳がんと診断されているかたとは異なり、遺伝カウンセリングやBRCA遺伝学的検査など、すべてが自費診療となります。

遺伝性乳がんの可能性が高い場合

乳がんと診断されていないかたのうち、次の内容にあてはまる項目があるかたは、遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)の可能性が一般より高いとされています。

母方、父方それぞれの家系について、以下の質問にお答えください。あなた自身を含めたご家族の中に該当する方がいらっしゃる場合に、□にチェックを入れてください。

※ 日本HBOCコンソーシアム. かんたんチェック

BRCA遺伝学的検査によりHBOCと診断された場合であっても、必ずしも乳がんや卵巣がんを発症するわけではなく、一生がんを発症しないかたもいらっしゃいます。
なお、遺伝子検査をうけない場合も、HBOCの可能性が高いかたは、遺伝性であることを考慮したうえで健診を実施することが勧められています。

遺伝性乳がんに関する詳細は、遺伝性乳がんのページをご覧ください。